FC2ブログ

令和

04 /26 2019
hpk27.gif
人のまね、するなやー、たまたま同じバッグを持って学校に来た学生が、僕に言った。彼は人間としての基礎ができていなかったのだろう、すぐに学校内で姿が見られなくなった。退学したのだ。昭和の時代のことだ。その学校には、大正時代に生まれた先生がいた。それにしても、人間は進化するのだが、僕を含めてポンコツが多い。けっこう精神科の患者で礼儀正しい人がいる。みんながみんなじゃないけど・・・・。健全なる精神は健全なる身体に宿る、とは、実は不健康な人の方が心が健全だという事だと本で読んだことがある。「贈る言葉」という歌にも、人は悲しみが多いほど~、というのがある。その歌を卒業式で歌っていた中学校もあった。それも昭和の時代だ。中学校の窓ガラスを割られた、なんて学校問題が大問題なのも昭和。中学生って言うのは、少年暴力団だった。平成が終わり、令和になる。日本人の感覚だよね、新元号を祝うというのは。しかし、皇太子殿下が天皇になるのか・・・・。皇太子妃も、お心を患われておられたが、現在では元気になられた。どうなるんだろう令和。サヨナラ平成。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
スポンサーサイト

光景

思い出
04 /25 2019
hpk26.gif
モノクロフィルムなし、現像液なしでモノクロ写真が楽しめる、まるで天国のようです。カラー写真にしても昔はフィルム代、現像プリント代と金がかかりました。そんな良い時代なのに、聖書では世の終わりという期限がある。悩み深い若き日々には、キリスト教に興味があったけれど、今は無宗教です。差別される人間ではないはずだと自分で考えて、悪戦苦闘してきた若い日々・・・・。無視されることもあったし、暴力の被害にも遭った。何度、自殺を考えただろうか。ホンマやったら殺されてるはずだし、自殺してるはずやった。喉元過ぎれば熱さを忘れる、か。昔の傷は癒やされた。時代も令和に変わります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

足跡

社会
04 /24 2019
hpk25.gif
人は時には喜び、悲しみながら生きてゆくし、過去にそういう足跡がある。歴史で朝鮮半島を日本が植民地支配した、という足跡は永遠に残りますが、イギリスなんてたくさん植民地があった。植民地支配された人々の末裔が、イギリスをいつまでも恨んでいないと思う。北朝鮮は日本人だって朝鮮半島から若い者を日本につれてったじゃないか、だから日本人拉致問題なんて当然のことだ、と言うのだが、日本は戦争に敗北し、日本の首脳は死刑になり、日本は廃墟からまた始めたんだよ。そういう足跡も見ておくれよ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

チューリップ

04 /23 2019
hpk21.gif
hpk22.gif
これはチューリップでしょ、図鑑を見なくてもわかります。わざわざ花の百科事典を買ってこなくても、どうやらインターネットでも百科事典みたいなのがあるようです。僕のブログを見てる詐欺師集団があるようで、僕がアダルトサイトなんて見ていないとメールによる被害をブログ記事で訴えていると、こんどは美しい、とか褒め言葉で、あなたのパソコンをハッキングしています、金払え、とメールがきました。秘密もなければ金もないですよ。ビットコインなんて言われたって訳わかんねえよ。むかしから日本に捨てられた犬だった僕を虐めるんじゃねえ、と言いたいです。ほんとに人とは壊れやすいガラスなんだよ。強い人でも、学生時代に虐められたからボクシングを始めたとか、いろいろ社会は幅広いです。十人十色といって、それぞれの人の個性があります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

光景

04 /22 2019
hpk24.gif
維新の会が今回の選挙では強かったですね。安倍首相が大阪まで来たのにです。僕は、維新、自民と日本でもアメリカやイギリスと同じような2大政党で政策を競い合う国になってほしいと思っています。民主党政権は頼りない政治でした。維新の会は、しっかりしてそうじゃないですか。なにも自民党撲滅なんて考え方をしているわけじゃありません。選挙によって自民党が与党になったり、維新の会が与党になる日本が先進国として理想的だと思っているのです。選ぶ選択肢があるのが民主主義国家です。地球は温暖化現象で、ついこのあいだ、スプリングコートを買おうとして店に行ったら、目をつけていたのが売れてなかったので、スプリングコートはいいかあ、と思いきや、この暑さでは、いらないものでした。半袖のシャツで十分です。もう、初夏ですね。夏なら夏で良いものじゃないですか!! いくらくそ暑くても、夏が好き、そういう自分でありたいです。水分補給さえしておけば良いんですよ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

亀道 汽船

FC2ブログへようこそ!
写真専門学校を卒業しているのが唯一の自慢です。