FC2ブログ

無料の時代

久しぶりに、君と話してみたい そう感じた
君の名前をパソコンで調べてみたら
きれいな着物を着て、若く美しい笑顔が見られたよ

君もおばさんだろ、なんで、そんなに若いんだい

僕の携帯は、十分間、長距離電話でも無料だから
遠い故郷に住む君に、電話かけてみたいけど
いたずら電話だと思われそうだね

君には自民党の議員の親戚がいたね
だけど、もう、その人は、年をとって死んだ

僕と君が若い頃は 
自民党の議員は大船に乗ったようなもんだったけれど
いまは、揺るぎないものだった自民党が危うい

アメリカ大統領だってヘンな時代になったんだよ

いくら無料でも、君にロングディスタンスコールはかけない
咲いた花が美しさを失うから

故郷で君と別れてから、僕は遠い土地で暮らし
ときには血を、汗を、涙を、お金に換えて
庭に花をたくさん植えた

君が住む故郷でも、自民党が危機だと新聞で読んだ

結婚して、子供は何人いるんだい
旦那さんは、どんな人なの

君と不倫してみたいとは思わない
君よりも、愛していた故郷が・・・・

僕が、いま住む都会から見たら
何にもない田舎だと解ってるんだ

もうやめよう、君に電話したいだなんて
君と故郷を思う気持ちを間違えてたんだね
勘違いの知恵の輪を解こう

アナログでいるよりもデジタルになるんだ
昔のカメラは、フィルムが無駄にならないように撮っていた
いまのデジタルカメラは、撮り放題でも消去できる

現在の僕はみんなデジタル
消してしまおう、君も・故郷も・愛していたことさえも

これから先の未来を見つめて

後ろじゃない、この先どうなってゆくのでしょうか

    ―自然さえ荒れ狂う、この星は―


にほんブログ村
スポンサーサイト