FC2ブログ

幸せの鳥

rx811.jpg
困った時は、人生で困り果てた日には、なぜ、何が原因か、と自らに質問してみることが大事です。そうしたら、数日か、数週間後に、或いは何ヶ月後かは解りませんが、頭脳、心というスーパーコンピュータが起きている時も、眠っている時も、自然に解析を続けるのです。そして回答がはじき出されます。それは僕には、タバコがやめられない理由がはじき出されたことだったのです。それは幼い少年の頃、極悪な精神病院にいた時のことだったのです。親は、そんな酷い病院だなんて知らなかった、と言う。僕は、知らなかったで済まされるのは子供のうちだけだと反論したことがあります。しかし、それにしても、18歳で大捨身行をしたのだと、いまでは親を恨む気持ちさえありません。退院後、男性ストーカーに取り憑かれ、それも自分の力で排除しました。病院も、ちゃんと国立大学付属病院の精神科に変更しました。それで気がついてみたら、この中年の年齢。まだそんな年齢なら若いと、言ってくださる方もいます。少年の頃は美少年で、女性からすさまじい誘惑に遭い、本来なら子供が2,3人いてもおかしくないようなもんなのに、子供ができない体質とは、なんという生まれる前から計画された人生だったか。僕の場合は、生まれる前に自分の人生を計画して、誕生して実行しているのだと言ってくださった方がいます。今後は幸せの青い鳥しかやってこないでしょう。


にほんブログ村
スポンサーサイト