FC2ブログ

プロカメラマン

kat9.jpg
神戸の埠頭でモデル撮影をしている人がいました。モデルさん、スタイルが良いですね。カメラマンは、照明を当てているライトがあるくらいですから、プロカメラマンなんでしょう。汽船はプロカメラマンになりたかったんですよ。美人のモデルさんっていうより、芸術写真を撮るような。だけど、芸術写真家になるのは、芸能界のスターになるよりも確率が低いのです。だから、日曜画家のように、仕事をしながら、休みの日に自分なりの芸術写真を撮る写真家、それが一番良いのですよ。ブログをやっている方々は、そういう人が多いですよね。汽船も、ブログを始めてから、カメラマンになれたようなものです。写真展をしたことはあったんですけどね。スマホでの撮影とか、デジカメの時代になって、誰でも簡単に写真を撮れる時代になりました。フィルムのカメラの時代は、プロは意味がありました。写真のような素晴らしいことを、誰でもできる時代、それはそれで良い時代になったのかもしれません。


にほんブログ村
スポンサーサイト