FC2ブログ

生命の終わり

cats112.gif
セミが地面で車のタイヤで踏まれて死にました。生命の死、その不思議。汽船なんて、主に現代の統合失調症ではなくて、世界の先進国の中では、異常に遅れていた精神科医療の時代、昭和の昔の頃からの患者です。汽船は十八の少年だったのに、患者の食事の配膳係なんてやらされて、患者には仕事が割り当てられていました。そして、父、母の老後の世話で、この間の母の死で、一つの自分の生命は終わったのです。タバコも配給されなかったので、他の患者がたまにタバコ1本くれても、自分でも、この世の地獄のような精神病院に入院している患者の身分で、警察官のように、未成年だろ、タバコ消せ、と言われて、法律の通りにタバコを消すしかなかったのです。美少年で、女性には好まれたものの、幼い子供の頃から、大人になってからも、それは酷い迫害を受けてきた人生でした。それも母の死で幕を閉じたようになりました。もともと、ヤクザ者によってタバコ病に感染してしまったのです。タバコが好きなのか、過去に対する怒りでイライラして吸ってるのか解りません。過去にタバコをやめたことがあり、それは嵐から晴天に戻ったような気分でした。汽船の場合は、一日もタバコを吸わなければ、タバコはやめられることは解っているのです。タバコも死んでもらおうと思います。アイスクリームもすぐに溶ける夏の日に・・・・。


にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する