FC2ブログ

アベリア

cats159.gif
今日の花はアベリアで決まりです。バッチリと決まって、気分が良いです。中原中也の詩に、彼の息子が亡くなり、悲しみの中で、また春は来るよ、と周りの人はいうけど、死んだ幼い子は戻ってこないじゃないか、という意味の一節があります。我が子がいる人は、それなりに苦労や悲しみがあり、子がいる人、いない人、僕みたいな人ですよ、子ができない人とは・・・・、屁理屈言わずに、生きることは高い山を登山することだと思って、耐えましょう。中原中也は、幼子が死んでしまった後に精神科病院に入院した後、衰弱して死んでしまった。中原中也は、ボロクソな学歴で、大学も行ったけど、中退だった。中原中也が翻訳したランボー詩集は優秀でした。そんなのが、カシオのエクスワードでもジャパネットモデルの文学全集で読めるんですよ。ジャパネットの通販のテレビで、夏目漱石でも芥川龍之介でも何時でも読めるといって、宣伝してるでしょう。お持ちではない方、いかがですか。


にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する