FC2ブログ

僕も耳が悪いんだよ

low10.gif
全盲の天才ピアニスト、辻井伸行さん。幼児の頃、ブーニンが演奏する「英雄ポロネーズ」のCDを聴いていると上機嫌で、違うピアニストのCDを聴いていると機嫌が悪くなったそうです。辻井さんのピアノ演奏は、ブーニンより上です。健全な肉体に健全な精神が宿る、というのは、軍国主義時代の日本人が考えた言葉で、辻井伸行さんのように、暗黒しか知らない人に、芸術家の神髄があります。僕も、少年の頃、兄や姉たちからリンチを受け、片耳の鼓膜が破かれました。それを警察官に言っても、家庭内の傷害事件は民事不介入で事件に出来ないと言われました。そんなことは警察の偽りで、その少年の頃から精神病院に入院するように国家ぐるみで動いていたのでしょう。今でも片耳が難聴で、電話は鼓膜が正常な方の耳で聞きます。それで友達といっても、在日の変質者ストーカーしかいなくて、日本人社会から排除された青春時代でした。その在日のストーカーと縁が切れたのが、30歳の手前でした。僕が勤務している職場に来た北朝鮮工作員にお願いしたり、いろいろと手を尽くして、やっとストーカーと縁が切れたのです。僕の体には、数カ所、犯罪による障害があります。それで精神までやっちまえば、もう、この預言者は終わりだろうと考えた悪人がいました。僕のことを、ゴッドなんて呼んで、売春を持ちかける英文のメールが来ますが、女を買いませんから。あまり神の怒りを募らさない方が良いですよ。


にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する