FC2ブログ

酒もよいもの

low36.gif
low37.gif
酒に良い思い出がなく、思えばタバコはもっと悪い思い出ばかりです。女性に悪い思い出がある、だけど良い思い出もるある。これは女に限らず、男性だって、悪い男がいたが、爽やかな男もいた、人間すべてです。その人間社会で、気持ちの悪い酒席が多かった。気持ちが悪いタバコが多かった。人間が嫌いなら、夏目漱石の草枕にあるとおりに人でなしの国に行くしかない。女がいなければならない、男もいなければいけない。酒は呑んでも呑まなくても他人から嫌われることはないが、世界からタバコは嫌われている。この地球からタバコ絶滅に向かっている。年老いた母を、堂島の鍼灸院まで案内してあげて、母は二年前に逝った。その鍼灸院を最終地点と考え、撮影の旅をした。母が亡くなる前夜に、タバコをやめなければダメだと言い残したこともあり、禁煙の巡礼の旅と前にブログに書いた。なるほど、梅田周辺は、コンビニの前さえも灰皿が無い。僕だけ昭和の時代のバリアに包まれているのだ。10月末までのタバコは買っておいている。タバコは今月いっぱいで終わりの決意をしています。僕のエリアから去って行った悪女、変質者ストーカーの男、僕は、女や男に取り憑かれるほど、魅力はあったのだろう。ホントに僕の未来予知能力の終わりとは、タバコの終わりだからなんだろう。


にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する