FC2ブログ

病の危険

aom19.gif
この頃、精神の病の危機です。電話で話をする友人だけが憩いです。こんな僕に、買春を誘うメールを送ってきたところで、弱った羊がオオカミになれますか、ということです。精神の病の人が、みんなオオカミではないのです。凶暴な病人もいるみたいですけどね。もう、タバコも意味がなくなり、やめました。タバコを買う時も、売る店員が、タバコをやめられない悲しい客だ、という対応です。タバコというのは、入院時代に刻まれたものでした。こんな哀れな僕が、誰が悪い、あいつのせいでこうなったと言ったところで、僕は、その悪人の奴隷ではありません。奴隷だった時代があった、もう、過去のことです。僕がクリスチャン? ホンマかいな。タバコ教の熱心な信者だったんだよ。入院患者を、タバコを使ってコントロールする精神科病院もあるのです。聖書を禁煙してから読むことが意味があります。聖書を読む時間が大切か、タバコを吸う時間が必要だ、それじゃあ、キリスト教は意味がないです。閉鎖病棟という映画がテレビコマーシャルでやってます。病院に入院していた頃は、一時間に一本と決められ、自由にタバコを吸えませんでした。それだって、過去に終わったことです。青春時代は、もう終わったんだよ。今後は、弱った羊として、生きてゆこう。買春? もう、女性とのセックスなんてできません。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する