FC2ブログ

人生の引退

akb31.gif
アレン・カーの「禁煙セラピー」で、タバコの終わりに素晴らしい幸福感が訪れる、と書いてありました。僕にも、そういう幸福感がやってきました。幸福感は、当たり前です。タバコをやめるだけで、ステーキ肉も買えるし、高額な電気製品だって買えるのですから。そして、タバコは害悪でしかないのです。なぜ人はタバコを吸うのか? 魔術だの催眠術ではなく、やめた人は癖だったといいます。悪魔が吸わせていたのではなく、単なる個人の癖だったのです。その癖を絶つだけで、毎日、500円以上、癖をやめた褒美をもらえると考えれば、働かなくてもアルバイトの給料をもらえるのです。それは幸福に違いありませんね。タバコをやめると同時に、いちど人生を引退したんだと思います。吸っていた頃は、太陽が輝いていたんです。夏だったのですね。僕の人生も、秋から冬にさしかかってきたので、若い生命力も無くなったのだと思います。タバコは人生の夏でした。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する