FC2ブログ

怨念(おんねん)

jpega52.jpg
過去の恨みを心に抱いていたのですが、その怨念も、テレビでも見てれば忘れるものです。作家の五木寛之さんが、終戦時に日本の植民地だった朝鮮の平壌に住んでいて、家に土足で入ってきたソ連兵にひどいことをされたのを、何十年たっても忘れることができなかったそうです。僕も少年時代から青年期の侮辱や暴力を忘れることができなかったのですが、最近ではミニコンポで音楽でも聴いていれば、雪が溶けるように忘れていきます。スマホで世間話をする友人もできたことも大きいです。五木寛之さんは、本で朝鮮半島での出来事を読んでいると確かに壮絶な体験をしたのでしょうが、僕は劣悪な病院という地獄を経験しました。それにしても、僕は、現在、五体満足で健康です。それで、すっぱりと過去は忘れることにしました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する