FC2ブログ

ありがとうございます

jpega134.jpg
なぜだか解らないけど、最近、さっぱり英語の文章や日本語で、買春を誘うメールが来なくなった。諦めたんだろう、そう思えば良い。根が尽きるということなのだ。幼い頃、虐めてくる同級生が嫌だと親に言うと、相手にしなければ、嫌がらせはしてこなくなると言っていたものだった。僕の両親は、親のような側面があり、人でなしのような側面があった不思議な親だった。戸籍で実の親なら本当の親だと昔お世話になった精神科の老師は言っていたけど、僕の散々な育ち方を話していると、老師は、僕の両親は東京大空襲で死んだと言っていた。悲しい育ち方をしたのは君だけじゃないんだよという意味なのです。すごいですねえ、戦災孤児で大学の医学部を出て、精神科医になるとは! もともと東京の人のはずだったけど、川に浮いた木の葉のように流されて大阪の地で名医になったのです。あの老師に心の裡を全て明かして、僕の病気は治りました。現在は平凡な医者にチェンジして、睡眠もきちんととれてるし、その元になったのが、かつての老師です。老師は補聴器を耳につけて今も患者を診ています。名医だけあって診て欲しいという病人が一杯いるのです。老兵は死なず、でしょうか。 
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する