FC2ブログ

幼子という宇宙人

jpega154.jpg
汽船から見たら、女子大生、女子高生は、お子さん、中学生以下は、幼児のようなもんですよ。年をとっただけのことはあります。画像のような幼子は、宇宙人という感覚です。日本国民の若者に向かって産めよ増やせよ、と願う愛国心だけはありますが、それで幼い子が困っていても、他人の子だから助けません。自分だけで精一杯です。だから現代の親にはきちんとしていてもらわなければならないのです。それを昔は、親はなくても子は育つと言われていました。だけど現代は自然淘汰の生き残りの時代です。大都会で働けば、社会人の一人一人が一匹の野獣だということが解ります。自分が日本という原野で如何にして存在を続けるか、それが世界でも一番、重要なのです。自分という人間が、それが真理だったのかもしれませんが、神なのです。人間は考える葦である、と言うように、考える自分を中心に大宇宙はあるのです。幼子も考える葦になれ!
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する