FC2ブログ

その真面目な態度

cat4.jpg
神社の境内に行く道を、真ん中を歩いたら、いけないんだよー、と元気はつらつの保育園児たち、その子たちの先生の若い女性から、こんにちは、と言われて、汽船も「こんにちは」と言ったけど、若い女性は興味ないし、おばさんも嫌だ。人間は全て機械だという考え方から、保育園の先生も先生という若い女性機械と、哲学者デカルトの人間の体も機械だという現代医学の元になった考え方から発展した汽船の哲学です。現代医学で扱う人の内臓は繊細なものだし、保育園の先生も繊細な人間だ。汽船が好きだなあ、と思うのが、幼い子供の誠実さです。小さな子供は、少し前まで極楽浄土にいたのです。幼児は天使にも例えられるし、仏教で言えば、仏のもとからきたのです。老人が、これから仏のもとに行く賢者でしょうか。今晩は、寒くないので窓を全て開けて網戸にしてます。寒くないのに暖房をいれると頭がぼーっとしましてね。死ね死ね、また来世に生きよ。それが常識と言えば常識だったのです。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する