FC2ブログ

まだナツーイよ

sa398.jpg
そろそろ秋らしくなってもらわなければいけませんね。夏い、暑いですね。小学生の頃の夏休みに、独りで道を歩いていると、濃い影が僕には何時も付いて回ることに気づきました。そして、どんな人にも影がある。これこそ、生きている人はみんな平等だ、という証拠を発見したと思ったことがありました。生物だけではなく、物体にも影があるというのは、人間の創った道具なども大切にしなければいけないことだと小学生なりに哲学しました。その頃の夏は、まだ、そんなことを哲学していられるほど爽やかだったのですね。しっかし、関西地方の夏は、日本でもいちばん蒸し暑いと言われています。それなのに、アメリカやヨーロッパから、京都観光に来ている、それで、乗るバス、ホテルの場所も解らない。若い頃、外国人に道を聞かれて、哀れに思いました。現在ならどうか解りませんが、昔は英語がわかる日本人は、ごく僅かでした。東京オリンピックではマラソンがあって、日本の酷暑ではまともに競争できないと心配の声が上がっています。むかし、現代の若者はゲーム世代で、ゲームはリセットすれば最初からやり直せる、それで自分の子供も平気で殺せるんだとマスコミで言われていました。僕が地球文明の終わりから、また最初からやり直したいと言っていたのは、聖書的なのか、どうなのか?未来のことは誰にも解りません。神のみぞ知る、という真実があるだけです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト