FC2ブログ

寒い日のタバコ

sa468.jpg
                         写真無断使用は禁止
昭和の時代、タバコ文化花盛りの頃は、寒い時にタバコを吸うのは、風情があって良かったものです。でも、最近では、夏でも冬でもタバコを吸うのは、医学的にも病気だと見なされるようになりました。東京オリンピックまでには、タバコ一箱千円になりそうですね。もう、ええんちゃう、タバコやめても。五十歳を過ぎて、自分に甘えてるわけにはいかないだろう。ここのところ、禁煙ばかり気にかけて、精神面で前進できる本を読んでこなかった。依存症の本を読んで、僕の知識が脳科学まで及んだのが、けがの功名と言える。脳科学は楽しいですよ。科学と言えば、天才物理学者のアインシュタインもタバコが好きでしたが、それは一流の学者でもタバコを吸うのは矛盾したことではなかった時代のことです。今は、もうタバコを吸うのは、人間として矛盾していて、人格を疑われる時代です。もう、思い切って、明日の朝から断煙しようと思います。


にほんブログ村
スポンサーサイト