FC2ブログ

洗脳の終わり 地獄を見て

sa474.jpg
                               写真無断使用は禁止
昨日、韓国の女性大統領が洗脳されていた記事を掲載しましたが、タバコも洗脳で吸わされているというのが、アレン・カーの「禁煙セラピー」の内容です。汽船は、若い頃に精神科のヤブ医者がストーカーとなり、酒は百薬の長だ、飲めば飲むほど体に良い、夜食をしたら体に栄養がついて良いんだ、と言われて相撲取り並みの体重になりました。今は酒は一週間に一杯だけにしてます。肥満は治まりましたが、タバコ洗脳だけはしぶとかったのです。だけど、このお寺の階段を一歩一歩上がるように、タバコは終わりに向かってると思います。僕は地獄にいた人間で、それなら死後は地獄には行かないということが把握できるのです。何故、幼い頃、若い頃が難行苦行だったのか?その答えは今後の人生にあります。アメリカ大統領選挙活動も、よく見ると、二人の候補者が洗脳を有権者に仕掛けています。汽船は、薄幸だった為、世界の終わりが来て欲しいと思っていた頃がありました。それだけ医者は重要な仕事なのです。医者が健全にならない方へ洗脳するようでは・・・・。汽船はタバコ洗脳が解けたら、ひとつの人生が終わるのでしょう。


にほんブログ村
スポンサーサイト