FC2ブログ

悲しみの酒 ー孤独でー

sa498.jpg
                               写真無断使用は禁止
この店ではありませんが、20代の頃、仕事帰りに、一人で居酒屋に酒を飲みに行きました。12月の寒い頃です。一人で忘年会?コートを脱ぎ、ネクタイにスーツ姿の一人という奇妙な客に、店の店員も困惑してる様子でした。こんな孤独癖にも事情がありまして、中学生の幼い頃に、親友のふりをしていた同級生が、裏切ったのです。もともと親友でも何でもないんだと言っていました。それから友達は一人もいません。僕の精神病の原因は、その親友の芝居をして、傷つけられたことでした。ひょっとしたら僕が独身を貫いたのも、誰一人にも心を許さない癖がついたからかも知れません。広島の上等な清酒を一升瓶で2本買いました。だけど美味しくありません。一緒に酒を飲む連れ合いがいないと、酒は意味がなくなるのです。まあ、僕という船は、台風に直撃されても沈まなかった。この先どこへ行くのかな???


にほんブログ村
スポンサーサイト