FC2ブログ

年末のぽん、ぽーん

sa522.jpg
                           写真無断使用は禁止
去年の年末も、ウチの近くのこの場所に、この満月ポンの袋が落ちていたように思います。近くにスーパーがあるから、そこで売ってるんでしょう。だけど、いけないねえ、どこのお子さんか知らないけど、袋はゴミ箱に捨てなきゃね・・・・。満月の日と人間や動物の関係性が、今年、科学的に明らかになった、と少し前の新聞で読みました。だけど、クリスマスも近いのに、今日も暖かかった。科学文明の発達とともに、工場から二酸化炭素排出量が増える。それを抑えようとしてるけど、どうなることやら、人間という動物は恐るべきもの・・・・。それの中心が、お金、マネー。何がどうなってこうなるなんて、汽船には蚊帳の外の話のようだ。聖母マリアや神仏は汽船を護ってくれるということが明確に解っているからです。自意識過剰で言ってるのではなく、過去の事実として知っているのです。その代わり、オンナもいないし、子もいない。川を流れる一葉のはっぱのように今まで生きてきた。思えば遠くへ来たもんだ、この先どこまで行くのやら。そう詩に書いた中原中也は、精神病院に入院することになってしまった。それでそのまま弱り果てて死んでしまったと記憶している。ところが汽船は、何度沈没しても、また浮き上がってくる船なのでした。不死身の船、宇宙戦艦ヤマトでしょうか!?


にほんブログ村
スポンサーサイト