FC2ブログ

僕はストーカーだった

sa529.jpg
                                  写真無断使用は禁止
昨日の夜にNHKでストーカーや覚醒剤中毒の治療をしている病院の様子を放送していました。若い女性で、既婚者の男性にストーキングして、依存症ということになって病院に入院して治療を受けている人がいました。そして治療を受けて回復し、その女性が、これから私は何をしようか? とストーキングの代わりのジョブ、生活を語っていました。僕の場合は、タバコのストーキングが終わったら、小説を書こうと思っています。僕は、タバコのストーカーだったんです。依存症の人は、依存していることができないのは、水を飲むな、呼吸をするなと言われていることと同じだと言っていました。僕も昔はそんな風でしたが、最近では、やめられそうだなあ、というくらいまで回復しました。正月も近いことだし、この年末にやめてしまおうと考えています。僕の本当の創作活動が始まるのは、タバコをやめてからです。


にほんブログ村
スポンサーサイト