FC2ブログ

小説の構想

sa576.jpg
本気で小説を書く気になり、構想を練る為にノートを4冊買ってきました。小説のタイトルとか、主人公の名前とかを書きました。現代は、インターネットで無料で小説を発表できる。自費出版はする必要がないから、お金もかからない。そうやって小説を書いていって、何かお金になればそれでいい。一生、趣味程度で終わるもよし。どうせ自殺して何度も捨てた人生だ。そこが思考停止の他力本願とはちょっと違うんだけど、レットイットビー、なすがままに、かなあ。今話題の幸福の○○のRさんみたいだけど、僕が自殺して死んでるはずなのに、死ねないとか、キリスト教や仏教の高度な方の霊が僕の前に現れて、会話したことがあり、フランス文学の幻想小説みたいなのを書こうかとか、いろいろ思うんですが、ノートはたくさんあるんだから、いくつかの案があれば分けて考えていけば良い。弘法筆を選ばずと言うのを、むかし、青春時代に、筆を選んだ弘法様という冗談を考えたことがあった。弘法が筆を選んだということは、弘法様もとうとう本気を出したという諺だと・・・・。レットイットビーなんて、僕が神仏の愛に恵まれてることが解ってるから言っていられるんだよ。


にほんブログ村
スポンサーサイト