FC2ブログ

誰にも春が訪れる

rx637.jpg
にわかに暖かくなり、冬の寒さが嘘のように記憶から遠ざかり、異常気象の地球環境も、正常に戻ったかに思う。光は宇宙の源。だけど、どうしても、こういう自然の光を見ても、原爆資料館を熱心に何度も見に行った少年時代の記憶から、核兵器の閃光が心に浮かぶんだ。アメリカが諸悪の根源のように考えるのは間違いで、広島、長崎の原爆投下がなかったら、他の国が試しに原爆を戦争で使っていただろうね。光がありがたいものというより、残酷なものと考えるのは、悪い癖だろうが、僕はやっぱり、どうしても日本人なんだね・・・・。今までの人生、在日朝鮮人の男性ストーカーにより、日本社会から、はじかれて生きてきた。僕が日本人から差別される在日朝鮮人のようだったよ。だけど、どうしても体に流れる血は日本民族のものなんだ。朝鮮人は他にも知ってるけど、いい人もいたよ。こんな人生でも、僕が生まれる前に、自分で計画して生きてることは知っている。なにも言うことはない。ふうっと過去のことを思ってため息をつく、人生で戦が続いた戦争の帰還兵なんだ。


にほんブログ村
スポンサーサイト