FC2ブログ

太陽は見捨てない 日本

rx659.jpg
花園で日が当たっているところと当たっていないところがある。人によっては、かつてのホリエモンのように、大金持ちであることが幸せだと感じたり、僕のように少年の頃に恋人に愛されたという、輝いた思い出があれば、一生、幸せだという人間もいるのです。孤独で淋しい、だけど、まだまだ、これからだと思えるのは、愛された、日が当たった思い出があるからです。それにしても、日が当たりそうにない人をたくさん見てきた。つまり極悪人ですね。そういう人は、主イエスの言葉では、神の収穫の時に、抜かれて廃棄されるそうですから、べつに気に病まなくても良いんだと思うことにしました。日本民族として誇りを持って生きていけば、太陽は見捨てない。日本とは、日の本という国名である。


にほんブログ村
スポンサーサイト