FC2ブログ

田舎育ちなのに

rx728.jpg
この、池の水面に咲く花は、睡蓮でしょうか。朝に咲いて、夕に眠るように閉じるから、こういう漢字の名前があるそうです。僕は自然が豊かな田舎で育ったのに花の名前がサッパリわかりません。自然が豊かな田舎と言うより、僕にとっては極悪な田舎者に虐待され続けた変質者が住む土地という印象しかありません。つまり、故郷がないのです。一時は、日本国籍も持たない、迫害される昔のユダヤ人だと自分のことを考えていました。憲法で保障された人権もないのですから。僕の為に法的な救済をしてくれるという弁護士もいました。それでも僕の敵だった新興宗教は終わり、極道も終わりの時代になりました。いまや、僕を陥れようとする人は一人もいませんよ。昔からの僕だったら、地球外文明の終わりの先兵の役目を済ませたんだ、と理解したでしょう。現在は、預言能力は全然なくなり、未来のことは全く解りません。「預言者」という奴隷の鎖はほどかれました。僕の地球にとっての役割がなんだったのか? いずれにせよ、聖書の預言の通りに滅んで、神の御国がこの地球上にできるのは確実なのでしょう。僕は他力本願な人間だなあ、としみじみ思うのですが、預言の通りに生きてきたからですよ。


にほんブログ村
スポンサーサイト